自動車損害保険には自賠責保険と任意保険といった2つのタイプが存在します。任意保険、自賠責保険ともに不測のトラブルなど際しての補償を得るものですが実際の内容は違っています。2つの保険をよく調べると補償が可能なことが多少同じではありません。※事故の相手に対しては、任意保険あるいは自賠責保険で補償が可能です。※自分自身へは、【任意保険】のみによって補償されるよう取り決められています。※自分の財産に関しては「任意保険」によってのみ補償されるようになっています。自賠責保険単独では自らへの怪我あるいは自動車についての賠償などは享受できません。そして相手への補償などのサポートですが自賠責保険においては死亡した時は最高額で三千万円・後遺症が残ってしまった場合最大で四〇〇〇万円と定められているのです。ただし実際の賠償額が前に述べた額を上回ってしまうことはよくあることに注意しましょう。またさらに事故の相手方の所有する愛車もしくは家屋を毀損してしまった時については、害を加えた人による自己補償になってしまいます。ですから任意保険という制度が必須だといえます。危害を被った人に対する援助を重要視する任意保険というものにも実は、それとはまた違う役目があります。※事故の相手へは死亡時もしくは傷だけでなく、マイカーないしは家屋といった種類のものを賠償するのです。※自分に対しては一緒に乗っていた人も対象として、死亡時ないしは傷を補償するのです。※自己の私有する財産へは乗用車を賠償するのです。そういった多様な面において援助が抜かりないのが任意保険が持つ強みなのです。支払いはどうしても必要となりますが、事故が起きた時の相手方のためにも自分自身を守るためにも車に憂いなく乗っていきたいのであれば加入しておきたいです。